スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

焼きの楽しみ 

焼物という位だから焼成はとても重要だしすきです。焼成後の窯の扉を開ける瞬間の緊張感は何度やってもやめられません。一人で焚くようになってまだ2年、わからない事ばかりで毎回試行錯誤の連続。ただ注文を頂いて見本通りに焼き上がらないと経済的にチョット辛い。現在制作の中心は粉引と炭化が中心で、焼きの状態で微妙に変化する色合い・肌合いに自分の求める世界を見出そうとしているので、なかなか旨く行きません。でも計算通りに行かない所をずっと楽しんでいる気がしてます。ずーとこんな調子でやって行くようで、お財布貧乏状態から脱出出来そうもありませね。(でも心は豊かなのです)
スポンサーサイト

[2006/08/30 00:16] アトリエ日記 | TB(0) | CM(0)

夏は陶器が売れない? 

夏は陶器が売れない。とよく言われるのだけど、物が良ければ関係無いような気がするのだけど、7月~8月は工房を訪れるお客様がめっきり減って、ギャラリー売上も殆ど無い状態が続いています。もっとも気温が35℃以上ある状態で、木陰もなくクーラーも効いていない建物に誰も近づかないのもわかる気が。先日たまたま来られたお客様も、ここは空調が効いているねと言われたので、「はい夏は暖房、冬は冷房が効いております」と説明しました。しかしこの世界に入ってから冷房の無い生活に体が慣れてしまって、たまに冷房のあるところにしばらくいると体がついて行かなくて具合が悪くなってしまう。 8月初旬の窯の結果が良くなくてただいまリカバリー中。まだまだわからない事ばかりで精進します。
[2006/08/17 23:02] アトリエ日記 | TB(0) | CM(2)

涼しい夏の窯焚き 

先日東海地方の梅雨が明けたとの事だけど、そのとたんに夏が終わったかの様な涼しい日々が続いています。昨日きたお客様も「この辺は涼しいね」とおっしゃたので、今日は特別ですと説明。人類の環境破壊のお陰で、毎年どの時期も異常気象となって、これじゃ何が平年並みなのか物差しがわからない。自然を大切にしましょう。 昨日よりオールナイトで2窯焼成をしました。夏の窯焚きは地獄なのだけど、この気温のお陰で涼しい窯焚きとなりました。体力的に楽でいいけど、やっぱり汗かいて焚かないと、終わった後の「ビール?」いや「その他の雑酒」が旨くありません。
[2006/08/02 00:30] アトリエ日記 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。