炭化 黒の諧調 

今週も炭化焼締めが中心の窯になりました。
私が炭化それも黒に魅せられたきっかけは、訓練校時代の行なった最後の焼成それが最初の炭化焼成だったのだけど、ビギナーズラックでラスターがかった漆黒に焼き上がった素地に惹き付けられたから。それからは黒を求める流浪の旅が始まってしまったのです。
毎回思いもかけない黒やがっかりした黒など。うまくいかない時に釉薬や顔料など使ってみたけど、やっぱり炭化焼締めの黒が私にあっているみたいです。
またこれからもアーウー言いながら焼成を続けていくのです。

今週の窯だし。こんな感じです。脚長の香炉脚が持ちこたえられなかったみたい。
IMG_2861.jpg

黒色は良好です。化粧のテストピースつくっていれたけど、釉薬掛け忘れました。
相変わらず大ぼけです。
IMG_2862.jpg

棚板よりはみ出した所に緋色が出ています。これはこれでオOK。
IMG_2863.jpg

大鉢も黒く焼き上がりました。でも成形ヘタクソでロクロ目がチョットうるさい感じ。
IMG_2864.jpg

天気もよくて外には来週焼成の粉引き大鉢を天日干し。
IMG_2858.jpg

久しぶりに粉引き飯碗を制作。
IMG_2867.jpg

展覧会用にあと二窯焼成したいとこです。

スポンサーサイト




[2009/08/09 23:53] アトリエ日記 | TB(0) | CM(0)