スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

炭化黒釉窯出しでした 

週末に炭化焼成した黒釉の器を窯出ししました。
少し釉薬が濃くて金属色が強めにでていました。これはこれで良いのですが、少し外割りで入れている酸化金属を少しはらしても良いかも。
調合割合に変化は無いのですが、原料仕入れ先が廃業(世の流れです)してしまう事が結構多くて、やむなく仕入れ先を変更する場合がここの所多いです。
同じ原料でも仕入れ先が異なると成分が微妙に違うのです。でも本当は原料の製造元も仕入れ先が変更とかなって、同じものを供給するのが大変だとか。産業として成り立たなくなってくると、色々な面で苦労が出てきます。

窯出しはこんな感じ。前回失敗した作品はやはり釉が薄かった事が原因。基本をきちんとしないとダメです。
IMG_3607.jpg

手前の細い棒状のは掛け花です。
IMG_3608.jpg
IMG_3609.jpg

帯留めです。一部は銀彩など考えております。
IMG_3610.jpg

今週はkohikiの焼成です。カップもと思いましたが、時間切れでした。急いでやっても良い結果は出ないので見送りです。
スポンサーサイト

[2010/05/30 22:49] アトリエ日記 | TB(0) | CM(0)

撮影して頂きました(感謝) 

一昨年soracafeさんでうつわ展を行なった際にDMの写真撮影をして頂いたカメラマンの「上石了一」さんが工房にお見えになりました。

前回DMに使用したカップ+ソーサー
cup.jpg
こちらは一緒に撮影して頂いたシュガーポット。
shugaer.jpg

現在は東京でご活躍なのですが名古屋に一週間位戻るので、工房で作品を撮って頂けるとのお話をいただいたのでお願いしました。
デジカメなどでパパパと思ったら、山の様な機材と大判カメラを担いでこられて、スタジオ状態でした。
私も丁度徹夜の焼成でしたので、お邪魔しない程度にウロウロと眺めておりました。
撮影の技を盗んでしまおうと考えていたのですが、レベルが違いすぎて指くわえてみてただけでした。
上石さん結局完徹でした。ありがとうございました。

私は撮影者を撮影。
このカメラは「エイトバイテン」と言うサイズだそうです。こんな凄いカメラで被写体の作品が・・・・・
焦りまくりです。右脇にはハッセルがあります。私にとってはこちらでも十分大きいサイズです。
IMG_3599.jpg

ちなみにデジカメはテスト撮影に使っただけでした。でもデジカメもフルサイズなのに。
ちなみに私は6年前訓練校時代に買った、ixyでーす。私の腕にはジャストフィットでした。
IMG_3601.jpg

上石さんはとってもほんわかと作品を仕上げられます。出来上がりが楽しみです。


[2010/05/28 22:26] アトリエ日記 | TB(0) | CM(0)

炭化黒釉焼成 

今週の焼成は黒釉焼成を何時もの炭化で実施。
カップ+ソーサーのソーサーなどを焼成したけど、肝心のカップが先週失敗して無いではないか。
でも他にも焼成しないといけないのでゴソゴソと窯詰めして焼成となりました。
0.2立米は黒釉との相性がイマイチなのですが、灯油だと入り切らないし難しいとこです。

先週失敗した作品の一部と釉のテストピースなどを入れてあります。原因つかんでおかないと又痛い目にあうので。
IMG_3598.jpg

還元の炎です。黒釉は酸化金属が多いので、炎が緑がかった色になります。透明釉だともっとガスバーナーに近い色です。
ちなみに炭化を掛けている際は、赤黒い炎が吹き出します。(スス一杯です)
IMG_3603.jpg

ドラフトからみた煙道です。瀬戸辺りでは、バカ穴とか呼んでいました。
IMG_3606.jpg

明日窯出しです。


[2010/05/28 22:08] アトリエ日記 | TB(0) | CM(0)

窯出しはイマイチなのでした。 

先日の炭化焼成作品の窯出しを土曜日に行ないました。
色見では黒く焼き上がっているはず、開けてみると確かに黒いけど内側の施釉部分まで黒いではありませんか。
それもほとんどがイマイチ。色々と原因を考えてみると、釉が薄い所が結構黒め。施釉している時に、チョット薄いかなと思ったのですがそのまま掛けたのがいかなかったか?
カップ沢山つくったので、チョットブルーな週末でした。

扉を開けるとこんな感じ。黒くていい感じ。
IMG_3595.jpg

窯出しして並べてみました。内側がイマイチです。
IMG_3596.jpg

こちらはビアマグ。これは無釉なのでOK.
IMG_3597.jpg

今週は黒釉焼成。ガスにするか灯油にするか思案中。
[2010/05/25 00:37] アトリエ日記 | TB(0) | CM(2)

カップの焼成です 

今月に入って制作していたカップを焼成しました。
何時もの炭化焼成。色見をみる限りでは黒く焼き上がったのですが、釉に辰砂が出ていました。
共同窯なので色々な人が作品焼くので,棚板に織部の銅成分が染み込んでいます。
何時もは作品と上の棚板のスペースを広くとるのですが、今回はぎっしりで結構くっついています。
窯出しが心配。
自分の棚板を購入するのが一番だけど、中古でこの大きさがなかなか無いのです。
他人の窯に新品の棚板は購入する気にならないし、悩める所です。

今回焼成した作品です。内側のみ釉掛けするので、境目に撥水材を塗ってあります。
IMG_3592.jpg

0.2米立のガス窯で焼成です。
IMG_3594.jpg

明日窯出しです。

[2010/05/21 23:39] アトリエ日記 | TB(0) | CM(2)

裁ちバサミ研ぎ終わりました 

先日依頼した裁ちバサミの研ぎが終わって戻ってまいりました。
錆もほとんどとれて、切れ味もすっかり良くなりました。
先日購入したハサミと比べると、この庄三郎のハサミはスパッと切れる感じ。こちらのハサミがメインになりそうです。

大阪の「源 利平 山東」さんに研ぎをお願いしました。きちんとした仕事です。
お手入れ用の油が付いてまいりました。
IMG_3586.jpg


先日制作した黒のワンピースと同じタイプをリネンで制作。布地は数ヶ月前に購入して眠っていた物。
つるつるした手触りがとっても気持がいいのですが、滑って縫いにくかったです。(腕が未熟)
IMG_3588.jpg

今回は見返しのリボンはうまくつきました。
IMG_3589.jpg

最近愛用のリネンストール、実はこれも手づくりです。リネンガーゼを買ってきて縦半分に裁断して、フリンジ分の所と裁断箇所をミシン縫いして、後はフリンジ分だけ横糸を抜いて出来上がり。とっても簡単で~ス。
一本680円なり。
IMG_3590.jpg

元の布地。一度洗うと上の様にシワシワになります。
IMG_3591.jpg

ストール買うのやめようかな。


[2010/05/14 00:10] ソーイング | TB(0) | CM(2)

工房はカップモードです 

展覧会やクラフトフェアなど重なって、カップの在庫がありません。
ご注文頂いた分もあわせて、今月はカップモードです。
少しずつ新しいタイプも制作していますが、炭化以外も少し行ないたい感じです。
まあこれはじっくり時間がかかるので、とりあえず必要な分を進めていますが、やっぱり取手付けるのが苦手なのでありました。

素焼き前のカップです。
IMG_3583.jpg

本日ロクロを轢いた分。出したままだと乾きすぎるので、箱に入れておきます。
タタラ板でつくる隙間がポイント。気温天候で隙間を調整して、明日工房に来た時丁度削り頃にします。
本当は室があればこんな苦労はいらないけど。
IMG_3584.jpg

こんな感じ。これはカップ+ソーサー用の丸カップ。
IMG_3585.jpg

晴れているのに気温低めで、仕舞った冬物を引っ張り出しました。
今年はどうなっているのかね?



[2010/05/13 20:35] アトリエ日記 | TB(0) | CM(0)

伝統の重み 

日曜日に月日荘で行なわれた、三橋工房六代目三橋京子さんのお話を聞いてまいりました。
三橋工房さんは手挿しの型小紋を制作されています。
三橋さんのお話は、伝統の重みと妥協を許さないお仕事の姿勢が滲みでて、ものづくりを行なう者として大変感銘を受けました。
自分の仕事に照らし合わせると、お恥ずかしい限りです。
一時間の短い時間でしたが、大変有意義な時間でした。

top1005.jpg

月日荘の帰りにAPAさんに立寄り。(徒歩数分です)
金曜日より二人展を行なっております。何気なく入って何気なく作品を観ていたのですが、版画作品にきたときに色合い/構図がドンピシャが並んでおりました。寄ってよかったです。
愛知の鈴木京さんの作品でした。


[2010/05/11 01:27] お出かけ日記 | TB(0) | CM(0)

美濃焼まつり終わりました 

ゴールデンウィーク中に開催された「土岐美濃焼まつり」が終わりました。
お祭りが苦手で積極的に何をした訳でもないのですが、当番などあって気温も30℃を超えたためバテバテでした。
お出掛け頂きました皆様、ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

本日も工房へと思ったのですが、どうもバテバテ状態で一日お休みにしました。
たまっている事務処理をと思ったのですが、チョット気になっていた夏物ワンピースを少しだけ制作しようかななどと・・・・
布を切り出したら結局最後までつくってしまいました。
本当はリネンでつくりたいのですが、まだ腕が未熟なので木綿で我慢です。

Lisetteの型紙でつくりました。丈と袖ぐりをチョット変更して制作。
薄い木綿地で涼しいです。
IMG_3568.jpg

後ろのリボンがポイント。型紙ではグログランリボンになっていたけど、服の布地で制作でもよく見ると見返しの処理が間違ってしまったのです。洋裁とか習った事がないので、色々と失敗して覚えます。
IMG_3569.jpg

こちらは使っている裁ちバサミ。母親が使っていたもので40年以上昔のもので、庄三郎作です。
ちなみに今使っている裁縫道具はほとんど母親の物。洋裁を仕事にしていたので、それなりに揃っています。
しばらく使ってなかったので、少し錆がでてしまいました。全く猫に小判状態です。
研ぎに出したかったけどその間の代わりが無かったのですが、お祭りで関の刃物屋さんよりハサミを購入したので、こちらは研ぎに出す事にします。
これからも大事に使っていきたいです。
IMG_3566.jpg

[2010/05/06 23:47] ソーイング | TB(0) | CM(4)

山梨展ありがとうございました 

先週行なわれました色匂ふさんの山梨展、多くの方にお越しいただきましてありがとうございました。
本当は週末に在廊する予定だったのですが、工房の作業が遅れてしまったり色々重なって、どうしても行けなくなってしまいました。
DMをお出ししたので、昔のお知り合いの皆様にお越しいただいて、感謝するとともに不在を深くお詫びいたします。
山梨展は年一回のペースですので今後もよろしくお願いいたします。

工房では今月最後の焼成です。個展やイベントで納品が遅れていて、どうしても月末には焼成しないといけない状態に陥って、2窯焼成となりました。

0.6立米ガス窯では、黒釉の炭化焼成。平鉢がメインです。
久しぶりにぎっしり詰まってます。
IMG_3552.jpg

焼き上がりました。今回は失敗は無し。焼成前にバーナーをチェックして、外して清掃したり取り付け位置をセンターにセットし直したり、シャトルの煙道を清掃したりと、きちんと行なったのが良かったみたいです。小さい事の積み重ねが大切ですね。
IMG_3562.jpg

IMG_3563.jpg

こちらは0.04立米のガス窯。白のケーキ皿がメインです。棚板がなぜか無くて、別の窯のを拝借。チョットサイズが小さめです。
IMG_3554.jpg

IMG_3559.jpg

カフェのケーキ皿です。
IMG_3560.jpg

さて話は変わって5月3日~5日は「土岐美濃焼まつり」です。
日本三大陶器祭りとかで。←三大ほかどこなの??? 組合の人に聞いても人によって言う事が違って????
いつもとっても消極的な参加ですが、今回は少しだけ部屋の前にセッティングしました。
皆様お時間のある方は・・・・と言いたいのですが、とっても混みます。休日1000円高速もあって今日もひどい渋滞でした。
ちなみに工房は公式トイレ場となっております。トイレに御立ち寄りの皆様もご覧ねがいます~
IMG_3565.jpg



[2010/05/01 22:14] アトリエ日記 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。