スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

kohiki窯出しでした 

今日は工房へ向かう途中寄り道して、セラパで行なわれている「ハンス・コパー展」を観ました。
券を頂いていて早く観たかったのですが、近くだとどうしてもゆっくりになってしまい会期終了が近づくと慌ててって感じで。今まで数点しか観た事がなかったので、とっても良い刺激を頂いた良い展覧会になりました。
丁度九州から観にこられておられた来館者さまと、親しくお話させて頂く機会がありこちらもよい思いでとなりました。(ごちそうになってしまいました。感謝!)

昨日焼成のkohikiの窯が予想通り冷えていたので、窯出しする事に。
マット釉はそこそこですが、透明釉は思った以上に溶けていて、最後の練らしが効いたみたい。
もう少し手前で止めたいけど、素地はシッカリ締めたいし(実用食器だからね)悩める所です。
一生悩んでいろって感じ。

扉を開けたところ。
IMG_4107.jpg

kohikiの作品たちです。マット釉と透明釉を掛けてみました。
IMG_4113.jpg

コチラは12月のAPAさん用です。
IMG_4110.jpg

発泡釉もだいぶ安定して実用レベルになりました。
内側を銀彩にして出来上がりになります。こちらも12月のAPAさん用になります。
APAさんの展示は人数が多いので、ひとり3点となっているので一点づつお持ちいたします。
IMG_4111.jpg

ダメだと思っていたクリマ。出展OKになっちゃいました。また改めてご案内いたします。

[2010/11/12 22:47] アトリエ日記 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。